2010年09月14日

玉置 福岡悪態公演「あれでいいと思う」 デイリースポーツ 9月14日(火)

玉置 福岡悪態公演「あれでいいと思う」 デイリースポーツ 9月14日(火)

 12日の福岡公演で暴言を連発、バンドメンバーが演奏をボイコットしてステージを降りるなどし、公演払い戻しのトラブルを引き起こしたロックバンド・安全地帯が13日、熊本市民会館で全国ツアー熊本公演を行った。トラブルの張本人、ボーカルの玉置浩二(52)は妻でタレントの青田典子(42)らと終演後に酒を飲み、ほろ酔い気分で報道陣の取材に応じ「オレはあれでいいと思う」「金返せ、って言われても返せないよ」といいたい放題だった。
  ◇  ◇
 トラブルの張本人である玉置だが、前日の騒ぎなどどこ吹く風だった。ステージ終了後、熊本市内のホテルで52歳の“誕生日会”を終えた玉置は、明らかに酔っており、その勢いのまま取材に応じ、12日の騒動について「オレは毎回挑戦している。うまくいかないこともあるから。オレはあれでいいと思う」と言い放った。
 12日の福岡公演では、ろれつが回らない酩酊(めいてい)しているような様子で登場し、まともに歌うこともできなかった。怒ったファンがヤジを飛ばすと、玉置は「コンサートなんて大したことない」などとファンと口論するなどやりたい放題。この悪態に激怒したバンドリーダーの矢作渉(53)はギターを投げ出し、ドラムの田中裕二(53)とステージを降りてしまうという、バンドのボイコット騒動にまで発展した。
 結局、コンサートは続行不可能になり、チケットは払い戻し。主催者側は「玉置浩二の過労による体調不良のため」と説明したが、7日の大阪公演でも同様の理由で4曲を残して突然ステージを終わらせたばかり。プロ意識を疑われる行動に、ファンのブログなどでも批判がつづられた。
 この批判に対し、玉置は「金返せって言われても、返せないよ。オレはその人に金借りてないもん」とバッサリ。ステージから降りたメンバーについても「いいんじゃない。それはそいつの考えだから。今日戻ってきたよ。向こうから『ごめんな』って。あいつらがいなくなったんだもん」と自分に非はない、と言わんばかりだった。
 この日も同行し、客席で見守った妻の青田との夫婦生活についても「全然、うまくいってる。何も問題ないよ」と順調さを強調。ステージ同様、最後までノリノリで語り続けた。

愛媛 税理士 愛媛 行政書士 格安建設業 格安 宅建試験 サーチエンジン 宇宙 壁紙 格安ホームページ作成 葬祭司会

posted by マヨネぇーゼ at 12:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。