2010年06月18日

零細企業の倒産増を懸念、貸金業法完全施行で…帝国データバンク 6月16日レスポンス

零細企業の倒産増を懸念、貸金業法完全施行で…帝国データバンク 6月16日レスポンス
 
帝国データバンクは、零細企業の倒産動向調査を実施した。
 
同社は、2007年度から2009年度に負債5000万円未満で倒産した企業について集計し、件数と主因、業種について分析した。
 
それによると、リーマンショック後の景気回復の効果もあって倒産件数全体は減少しているものの、5月の零細企業の倒産構成比は50.7%と過去最高となるなど、零細企業の倒産は高水準で推移している。
 
2009年度の負債額別の倒産件数では、負債5000万円以上の件数は前年度比で軒並み減少しているのに対して、5000万円未満の件数だけが増加している。大型倒産の減少により、景気は一見上向いたかのようにみえるものの、依然として零細企業の経営環境には厳しい実態を反映している。
 
また、6月18日の改正貸金業法の完全施行後は、緊急時に少額の借り入れが困難になるため、代表者などが個人的に資金を調達するケースがよくある零細企業の倒産件数の増加が懸念されると指摘している。
posted by マヨネぇーゼ at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。