2010年06月18日

永谷園、角界不祥事続出で懸賞金撤退も…1場所最多200本消える 6月17日 スポーツ報知

永谷園、角界不祥事続出で懸賞金撤退も…1場所最多200本消える 6月17日 スポーツ報知
 相撲界の一連の不祥事を受け、現在最多本数の懸賞をかける「永谷園」が、名古屋場所(7月11日初日・愛知県体育館)での懸賞について再検討していることが16日、分かった。同社の担当者が「今は(問題の)すべてが明らかになっているわけではない。行く末を見守ってから決めたい」と話したもの。野球賭博や暴力団観戦問題など騒動続きの余波が、懸賞にまで及ぶ可能性が出てきた。
 野球賭博などの不祥事が、力士の懐を直撃する可能性が出てきた。永谷園の関係者はこの日、名古屋場所での懸賞について「土俵の中のことを応援したい」としたうえで、「今は(問題の)すべてが明らかになっているわけではない。行く末を見守ってから決めたい。(撤退、継続を含め)いろいろと考えたい」と再検討する方針を明かした。
 現在、永谷園は1場所あたり約200本の懸賞をかけており、最多の本数を誇る「大スポンサー」だ。同社は2000年の夏場所から懸賞をかけ始めた。相撲人気が下火になり始めたころ、国技ということで永谷園と同じ「和風」のイメージが強い相撲に注目したことがきっかけだったという。
 当初は1場所で100本未満だったが、現在はその倍以上をかけている。同社のおかげで、人気の低迷と反比例するように、かけられる懸賞本数は増加してきた。人気低迷期を含め、10年の長きにわたって角界を支えてきた。その日の好取組や、横綱の取組などに多くの懸賞をかける永谷園が仮に撤退となれば、大きな痛手となる。
 03年から同社のCMキャラクターを務め、15日間の全取組に5本ずつ懸賞をかけてもらっている幕内・高見盛(34)=東関=は、撤退の可能性について「どういう結果になろうと受け入れるだけ。自分は相撲を一生懸命取ることしかできないので」と神妙に話した。
 東京場所で「森永賞」を協賛する「森永製菓」や、1場所あたり約50本をかける「日本マクドナルド」は現在のところ懸賞は継続する方針。だが騒動が続けば、更なる影響が出ることは必至。余波を食い止めるためにも、協会には早期の全容解明が求められる。
 ◆懸賞 企業などがかける。1本6万円。3万円が勝った力士の手取りで2万5000円は預かり金で引退時に支払われる。残りの5000円は手数料。1つの取組にかけられる本数は50本までで1社あたりは5本までと決められている。
posted by マヨネぇーゼ at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。