2009年08月21日

60歳以上、事業所の6割雇用=高齢労働者の活用積極化−08年厚労省調査

 厚生労働省は20日、高年齢者雇用の2008年調査結果を発表した。全国の民間事業所のうち60歳以上の労働者を雇用する割合は59.4%で、04年の前回調査に比べ8.9ポイント上昇した。社会全体の高齢化に伴い、60歳定年後の雇用延長などを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が06年に施行されたことが影響した。
 年齢層別の雇用状況を見ると、60〜64歳を雇用する事業所の比率は前回に比べ8.9ポイント増の50.2%。65〜69歳は4.4ポイント増の26.9%、70歳以上は2.5ポイント増の15.6%だった。
 産業別では、60歳以上を雇用する事業所の割合が最も高いのは製造業の81.1%。これに、建設業の71.1%、運輸業の69.6%が続く。 
(8月20日 時事通信)
posted by マヨネぇーゼ at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。