2009年08月06日

景況感、5カ月連続改善=帝国データ7月企業調査

 帝国データバンクが5日発表した7月の景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気動向指数(50が「良い」と「悪い」の判断の分かれ目)は前月比0.8ポイント上昇の23.1となり、5カ月連続で改善した。同社は国内景気について「水準は低いが、最悪期を脱し緩やかな回復に向かっている」(産業調査部)とみている。
 業種別に見ると、金融を除く9業種が改善。低価格戦略で需要の取り込みに成功した小売業の回復が目立ったほか、製造業も中国向けなど外需の復調を受け持ち直した。ただ、小売業のうち、これまでけん引役だった「自動車・同部品」と「家電・情報機器」はやや悪化。「エコカー減税やエコポイント制度の対象外の商品の売れ行きが落ちている」(同)という。
 地域別では、北陸を除く9地区が改善。内需型産業が強い四国、製造業が持ち直した南関東の伸びが目立った。 
(8月5日 時事通信)
posted by マヨネぇーゼ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。